コンテンツへスキップ

Amazon

名作ゲーム「シュタインズ・ゲート」の阿万音鈴羽を主人公に据えた、けっこう思い切った構成のコミカライズ。シュタゲの入り口は色々あるが、この漫画からシュタインズ・ゲートにはまった俺はかなり珍しいだろう(っていうか他の漫画から入らなくてマジでよかった…)。

あんまり評判よくないけど、非常に漫画らしく、また立ち位置上、単体ではどうしても物語の全貌にせまれない阿万音鈴羽をちゃんと物語として仕上げていて、俺は一番好き。

シュタゲは紅莉栖以外のルートがアレなので、鈴羽編である本作はどうしてもラブは薄いが、恋愛感情を指摘されて慌てる紅莉栖とかは見られる。

... "『シュタインズ・ゲート 亡環のリベリオン』シュタゲのコミカライズで一番好き" を続けて読む

Amazon

初登場時から女子のパンツを覗いていた男だけど、しかし回を重ねるごとにどんどんエロスな男になっていきやがるね八助は。そんでもって八助のエロスに、ヒロインたちがどんどん慣れていって、気がついたらたいていのことならそんなに怒らなくなっていたという天使たち。神だけど天使。そんな天使たちが、今更の新キャラにあんたらおかしいよと諭される。確かに。いやそうなんだけど。それ言っちゃうんだ。

以下ネタバレ感想。
... "『まがつき』11巻感想:露出狂呼ばわりされる神々って" を続けて読む

Amazon

女子高生と一つ屋根の下でキャッキャウフフなイチャイチャライフ。ただしJKは変態さん。…と見せかけてかなりウブでピュアだと思う。なにげにカップル系いちゃラブものっていう。

... "『変女〜変な女子高生 甘栗千子〜』見た目は変態、中身はピュア的な" を続けて読む

此ノ木よしる, SE, 第2巻
此ノ木よしる, SE, 第2巻

↑巨乳で制服のJKにオッパイ押し付けられながらペアプログラミングしたいだけの人生だったIT系エンジニアおよびその予備軍のための漫画。なおJKは天才で変態の模様。

... "『SE』巨乳の制服JKに胸押し付けられながらペアプロしたいだけの人生だったITエンジニア集まれ〜" を続けて読む

Amazon

脳細胞がほとんど死滅している故か、正直ゲームルールについてはあまり把握していないものの、ボーイ・ミーツ・ガールっぷりが素敵なので楽しみにしているNOT LIVESの9巻読みました。

ヒロインの天宮鏡花は可愛いのにボコられヒロインで、その手のが好きな人にはさぞウケがええやろな。今回もいいボコられっぷりでした。そんでもってけっこうなファザコン娘なんやねこの子。それで結局父親と同じタイプの男の子と一緒になるわけだ。

以下ネタバレ感想。

... "『NOT LIVES』9巻感想:今回も天宮はいいボコられっぷり" を続けて読む

Amazon

運命的に恋をして、恋を実らせるために尋常じゃない努力をし、それが報われて恋が成就すると相手が消える、消えたと思ったらまた出てきて最初に戻る、それを輪廻転生のごとく繰り返すという、ラブコメの不条理を極めた漫画

ラブコメ病こじらせるとこうなるんだろうか。全然ラブコメ興味ない人にはぶっ飛んだギャグ漫画に見えるかもしれんし、実際ギャグ漫画として読むのがいい気がするが、ラブコメ病患者にとっては闘病日記みたいな作品。この漫画を読み考えこんでしまった人はラブコメ病に罹患しています。手遅れです。

... "『不死身ラヴァーズ』ラブコメの不条理を突きつける" を続けて読む

Amazon

剣道×美少女。謎の美少女的な演出だが、一番謎なのは長年剣道やっているのに面が打てないという主人公ではないか。

割と楽しみに読んでいたのであるが、3巻で打ち切り。その打ち切られっぷりは、打ち切り愛好家の愛蔵書になりそうな清々しさである。一言で言うと俺たちの戦いはこれからだ

... "『放課後ソードクラブ』そこそこ楽しみに読んでたけど清々しいほどの打ち切られ" を続けて読む

Amazon

作・ペトス。2015年1巻より2016年3巻。

本巻は主に高橋先生の同僚にあたる、サキュバスの早紀絵先生推しだった。この人むっちゃ可愛い。割とハーレム風(しかもおっさんファンタジー)な作品だけどもうこの早紀絵先生でええやん!デュラハンの京子も可愛いけど。ひかりちゃんはもうちょっと頑張ろう。

以下3巻感想。

... "『亜人ちゃんは語りたい』3巻感想:オボコなサキュバスとかいう新境地がクリティカル" を続けて読む

恋愛面に踏み込んでいてびっくり

ちょっとびっくりした。ことりが先生やつむぎとの今の関係をどう感じているか、かなり踏み込んで語られていたもので。てっきり、そのへんは適当にぼかして進むハートフルお弁当漫画でいくのかなーなんて思っていたので、割と踏み込んでるかつことりの考え方がけっこう生々しくて驚きよ。むっちゃ真剣やんこの子。

以下大いにネタバレ含む。

... "『甘々と稲妻』6巻感想:ことりが犬塚家との仲を真剣に考え過ぎていてあんた先生好き過ぎるやろと" を続けて読む

Amazon

ラブコメでもっともよくある展開の一つが、ライバルキャラの登場だろう。なんだけど、これけっこう劇薬なところがあって、たいていの場合うっとうしいだけのウザキャラ、読者のヘイトを溜めるだけだったり。三鷹コーチみたいないいキャラはなかなかいない。

本作は良質なラブコメなだけに、果たしてどんな風に描かれるんだろう?と思いながら読んだ。以下ネタバレ感想。

... "『ふだつきのキョーコちゃん』6巻感想:ライバルと仲良くなり日々野さんと接近し妹は…" を続けて読む