『あるいて一歩!!』2巻感想:怒ってばかりの大家さんより大暴れな橘さんのほうが可愛く見える

Amazon

作・武田すん。1巻2006年、2巻2007年。

副会長の橘が大暴れ。正直大家さんより魅力的に見えるというか、大家さん怒ってばかり。主人公の西園寺もたいがいではあるが…。

ラブコメだなぁというのは相変わらずだけれど、ちょっとしんどい。ってか橘さんのほうが好きだな俺。以下2巻感想。

スポンサーリンク

怒ってばっかりってのはなぁ

正直、1巻よりもちょっと微妙かなぁ。まず西園寺がだいぶ男を落としたのがある。橘に対する煮え切らない態度もそうだし、裏目にしか出ない大家さんへのフォローも、恋で周りが見えてはいないということを考慮しても、鬱陶しいなぁと思う。

ピークは、橘とのことで大家さんが西園寺に説教して、西園寺が皆の前で自分の弱みをさらけ出すところで、ここは確かに良かったけれど、他は終始微妙というか、大家さんが怒ってばかりでしんどい

西園寺はこの怒ってばかりの女のどこがいいんだろう?と思ってしまう。そこへいくと、なりふり構わず猪突猛進の橘のほうがよっぽどいいキャラしているし、事実2巻は橘巻といってもいいくらいだ。「大恥かくとこでしたわ」ってこれ以上ないくらい恥しかかいてないだろお前って感じだが、それが素敵だ。そして無駄にポイズン料理属性。

大家さんが性根は優しい人なのはそうなんだろうし、怒ってばかりなのも西園寺を意識しているからこそってのはわかるんだけれど、それにしても1巻からずっとこんな感じで先に進まんのはちょっとなぁ。うーむ。最後の最後にラーメン奢ってくれるという謎のデレもあるのであるが、正直あまりキュンとこなかった。うーん。

ラブコメはニヤニヤできてなんぼなわけだが、あまりニヤニヤできんかった。1巻時点ではちょっと期待していたので悲しい。大家さんも大家さんだが、西園寺もなぁ。んー……。

橘の言うとおり、西園寺は橘と一緒になって、橘に色々鍛えられる生活を送るほうがハッピーなんじゃないかしらん。とりあえず次が最終巻なので、フィナーレまで見届けるが、橘から当て馬臭しかしなくてつらい。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です