『アオイココロが地球を割る(削る)』文字通り爆発するカップル

栗井茶, アオイココロが地球を割る(削る), 第1巻
栗井茶, アオイココロが地球を割る(削る), 第1巻

男の子にドキドキすると爆発する女子と、デリカシーのない男子のラブコメ。画像は落ちた弁当を気にせず食べてくれて感激のあまりテレネキシスで靴ぶっ飛ばしている図。

どうでもいいけど「おとこのこ」の一発変換が男の娘で軽く死にたくなった。

スポンサーリンク

基本情報

アオイココロが地球を割る(削る) | ビッグガンガン | SQUARE ENIX

2016年6月10日現在第1巻。作者・栗井茶。+チック姉さんの栗井茶。+チック姉さんはナンセンスギャグだが、こっちはれっきとしたラブコメである。ただし合間合間に挟まるギャグは+チック姉さん風味。

だいたいこんな感じ

栗井茶, アオイココロが地球を割る(削る), 第1巻
栗井茶, アオイココロが地球を割る(削る), 第1巻

↑蒼井こころは男の子にドキドキすると爆発する。リア充爆発しろを実践する設定。ただし爆発するのは地球

しかもこの子は、可愛いと言われただけでクレーターを作り水の竜巻を作り出し、しまいに空を飛ぶチョロイン仕様。いやチョロインではないか。本人は自分の性質をよく理解しているので、男子が近寄ってきてもひたすら無視。むしろ好意的であればあるほど無視。無視されてもめげずにアプローチし続ける鉄の心が男に求められる。

その鉄の心を持っているのが、デリカシーのない男・須藤総一であり、蒼井こころを無遠慮にドキドキさせては爆発させる新手のテロリストである

栗井茶, アオイココロが地球を割る(削る), 第1巻
栗井茶, アオイココロが地球を割る(削る), 第1巻

↑待ち合わせで待っている間、これデートだ、ということに気づいてドキドキして大地を割るこころ。なお総一は、自分から誘っておいて思い切りデートを忘れて遅刻という。それでもこころを好きだと言い張る、なかなかの大物。本作のリズムというか、空気を作っているのは、ヒロインよりも彼である。

栗井茶, アオイココロが地球を割る(削る), 第1巻
栗井茶, アオイココロが地球を割る(削る), 第1巻

↑さらっとヒロインをドギマギさせる天然ジゴロ。思わず爆発しろ!と言いたくなるが実際爆発している。ドキドキしてやばいからやめてとこころに言われても、可愛いと言い続け、爆発して穴ができるのがダメなら埋めればいいじゃんという大物思考でネガティブなヒロインを勇気づける。

基本的にコメディ調で進むが、こころはかなり凄絶ないじめを受けてきていたらしく、トラウマが時折表情に出る様は、通常とのギャップもあってなかなかひどい。でもそれだけに、こういう脳天気タイプの男とは良い組み合わせ。ネガポジカップル最高だね。

こういうパワーあふれるヒロインを男がうまくドライブするタイプのラブコメは、本当に外れなしやで。

ちなみにずっと総一が好きだった子もいて、しれっと三角関係など演出もしているが、本質的にカップルものと思う。見た目はその子のほうが好みなんだけどねー。

総評

次巻むっちゃ楽しみ。

スポンサーリンク