『姉ログ』10-11巻感想:マンネリがうまいギャグ漫画はいいギャグ漫画

Amazon

追いついたーと思ったら、もうこれ12巻出ていたのね…。版元が小学館だから、電子書籍は遅れているけれど、もうすぐ12巻出るわ…。

この漫画のすごいところは、本当にずっとワンパターンなところだ。マンネリだ。それでいて、面白さが継続してるのは、話の引き出しの多さと、キャラ愛あってこそだなぁ。以下感想。

スポンサーリンク

いまだに最初のモノローグが崩れていない

この漫画のサブタイトルは「靄子姉さんの止まらないモノローグ」で、毎度最初に「私の弟は姉の〜〜ヘンタイである」の定番の文句が入るが、これが11巻に至るまで崩れていない。これはなにげにすごいというか、こういう定型句を続けるのはたいへんだろうに、よく続けられるなぁと思う。しかも、話の内容も相変わらず靄子が勝手に妄想して暴走のワンパターン。もうずっとマンネリズム。じゃあ面白く無いのかというと、そんなことないんよなぁ……。

妄想にしても、11巻にして初めて靄子がGの脅威に屈して白旗を挙げるわけだが、ワンパターンながら初めてのパターンである。その次の姉コトワザは、1巻からあるような暴走の仕方であったが、ここでは定番ながらダーク輝のキレた表情が1コマで笑いを誘う↓。ダーク輝ほんと好きだわ。

田口ケンジ, 姉ログ, 第11巻
田口ケンジ, 姉ログ, 第11巻

ワンパターンをずっと続けられるのは、作者さんに確かな実力と豊富な引き出しがあるからだろうなぁ。すごいわ…。

サブキャラにも視点

姉ログには豊富なサブキャラがいるが、彼らにもちょこちょこと視点が当たるのがまたいい。というか、靄子姉さんがずっと続くと胃もたれ起こしそうになるので、サブキャラの話も適度にあってほしい。

幼馴染の香澄、十全姉弟、友人の福山と冴木、千厩…でも、今回一番大きかったのは、百合好き教師・東雲だろうか。こいつは業が深い人間で、ジャンルは違えど正直笑えないんだが、ちゃんと現実の女性を愛することができたようだ。羨ましいことだよ……。

彼らが主役を食わない程度に出てくれるのが、姉ログの世界観をいい感じに彩っているね。正直、最初読んだ時はこういう漫画とは思わんかったよ。はっちゃけているようで、安定していて、落ち着いた漫画だ。

関連するかもしれない記事

他の記事

姉ログ の記事

田口ケンジ の記事

日常もの の記事

兄妹・姉弟もの の記事

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です