『甘々と稲妻』6巻感想:ことりが犬塚家との仲を真剣に考え過ぎていてあんた先生好き過ぎるやろと

恋愛面に踏み込んでいてびっくり

ちょっとびっくりした。ことりが先生やつむぎとの今の関係をどう感じているか、かなり踏み込んで語られていたもので。てっきり、そのへんは適当にぼかして進むハートフルお弁当漫画でいくのかなーなんて思っていたので、割と踏み込んでるかつことりの考え方がけっこう生々しくて驚きよ。むっちゃ真剣やんこの子。

以下大いにネタバレ含む。

スポンサーリンク

いやーね、本作は割とシングルファザー奮闘記的な楽しみ方も出来て、というか最近は割とそういう見方をしてることが多いのが正直なところではあるんだけれど(表紙からしてそうだしね!)、でもやっぱラブコメ的にもおいしいよこの漫画。

ただここしばらくラブコメ的には控えめだったかな?と思いつつ、でも本来控えめな中でさらっと展開されるところにラブコメの真髄があるなどと思ったりしつつ、密かにニヤニヤしていたのがこの漫画だったのだけれど、6巻はけっこう踏み込んだねー意外。もっと適当にぼかすのかと。

むちゃくちゃ真剣やん!

今回は修学旅行編がある。ギャグ漫画ってわけではないし、サザエさん時空ではないのか。最近はもうサザエさん時空もすっかり流行らなくなったね。修学旅行ということもあり、この時つむぎの出番は少ないのだが、その分ことりにスポットがあたり、そうするとやっぱりちょっとラブい話になるんやなぁ。青春やなぁ。

ことりの友達(おちよちゃん)が天然のラブコメ脳故に、みんなが知りたいことりの気持ちをグイグイ引き出してくれてよいですな。みんなでキャンプにいったときも、お風呂(サービスシーン!)でことりに向かって「今日のパパ組だと誰がタイプ?」。そう、それが聞きたかった。さらに追い打ちで「私は犬塚先生かなー」もうお前わざとだろ。それに対することりの返答が↓。

雨隠ギド, 甘々と稲妻, 第6巻
雨隠ギド, 甘々と稲妻, 第6巻

ガチか。ガチなのか。目も合わせられない模様。ことりちゃん汚れてるん…?っていうかどっから声出てるん

、結果的にはことりのデリケートなところにガンガン踏み込んでしまっているのだが、そこはもう一人の周囲がよく見えている友人(しのぶ)がいい感じでバランス取ってくれているので、あまり深刻にもならずに済んでいる。

そんで極めつけの修学旅行回か。ことりとちよが諍いをして、その仲直りのとき、ことりが自分の心情をかなり率直に吐露してくれるのだが…。

雨隠ギド, 甘々と稲妻, 第6巻
雨隠ギド, 甘々と稲妻, 第6巻

どんだけ真剣なのこの子。こんな顔するんだねぇ。これに対するおちよの返答が「もうざっくり好きでええやん」的なシンプルイズベストなラブコメ脳的解答でええですな。ラブコメ脳はシンプル。

しかし、ことりが正直こんなに生々しく考えてるとは思わなんだ。ほんとガチかよと。もっとゆるい感じかと。そのうちシリアス展開きたりするんかなぁ。見たいような怖いような。

今回かなり踏み込んだし、また当分はラブコメ的には大人しくなるのかなとも思うけど、7巻も楽しみすなぁ…。

っていうかアニメ化するんやね。実写化されるかもと思ってたけど。アニメ化か。アニメのほうがいいな、ことり可愛いし!Amazonプライムで配信されんかな。配信されたら見るんだけど。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です