『相沢さん増殖』30話感想:安心のデート回すなぁ

安心デート回

相沢さん増殖 - 漫画 - ガンガンONLINE | SQUARE ENIX

ラブコメでデート回はお騒がせほっこりニヤニヤいろんな要素があるが、この漫画については既に付き合っているカップルということで、完全にニヤニヤものである。ってか、やっぱり敷誠一はハーレムよりカップリングがいいと思うだよ。以下大いにネタバレ。

スポンサーリンク

良い無個性型主人公はヒロインのすべてを受け止める

水族館デート!微笑ましいのぅ。水族館は雰囲気あるし、けっこう長いこと楽しめるし、それでいてそんなに金かからんし、お金のない学生にはよいデートスポットだと思うわ。知的好奇心もくすぐられるし、いいところ。

さてさて、今回はファンクラブを乗っ取られたことで、恋人の総太もいずれ自分に飽きてしまうのでは…という不安感を吐露する相沢さん可愛いに対し、総太がキリッと男を見せる回である。うん、ニヤニヤしてるね俺、キモいな俺。これぞ正しくラブコメ

総太はハッキリ言って、主人公としては無個性型に分類されるだろう。同時に、けっこう好感度の高い主人公でもある。無個性型の主人公は、ラブコメのではそう珍しくもない。恐らくはギャルゲ文化的な、とにかくヒロインが映えればいいんだ、という思想の元なのか、それとも男なんてどうでもいいという思想の元なのかわからんが。そして、多くの主人公は失敗していると思う。が、総太はなかなかどうして良い感じだ。

ラブコメにおける無個性型の主人公に求められるのは、とにかくヒロインのすべてを受け止める、受け切ることじゃなかろうか。スポンジのごとくヒロインのすべてを吸収し、クッションのごとくどんな強烈な一撃も柔らかく受け止める。謎の彼女Xの椿明なんかもこのパターンだと思うが、本作の水谷総太もなかなかのもの。主人公がこのタイプのラブコメは、本当に安心して楽しめるだよ。

やはりカップリング

それにしても、こういうのを見ると、やっぱこの作者はカップル描くんが合うなぁーと個人的には思ってしまうのである。前作藤村くんメイツはかなり純度の高いハーレムものだったし、それはそれでよかったのだけれど、俺としては本当はメインヒロインとのカップルで貫いてほしかったりもした。

それだけに、ハーレムでありながら同時にカップリングでもある、アンビバレントなラブコメの本作は、作者の趣味と得意分野がいい感じに合わさっている。そして、今回はそれぞれのヒロインの良さを、彼女のすべてとして受け止める、また彼氏に見られたくないところを見られて恥ずかしくなりながらも受け止めてもらえて嬉しいヒロインという、設定を活かした実に良いニヤニヤ話であったことよなぁ。ほんと安心して楽しめる。ギャグもいつの間にか随分熟れたよなぁ。

それにしても、感極まった相沢さんが、人目も憚らず総太に抱きついて好きというわけだけど、一回こういうバカップルの現場を現実に目撃してみたいもんだな。リアルだったらやはり殺意が芽生えるんだろうか。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です