『午後のグレイ』第二部待ってるんだけど

活又ひろき, 午後のグレイ, 第1巻
活又ひろき, 午後のグレイ, 第1巻

↑宇宙人の実験台となる平凡な男子高校生の主人公と、人間っぽい宇宙人女子といかにも宇宙人な親父さんを中心にしたギャグ漫画。

スポンサーリンク

基本情報

『午後のグレイ(1)』(活又ひろき):ヤンマガKCスペシャル|講談社コミックプラス

2013年に出て、第1巻にてまさかの第一部完。早すぎやろ。そして待てど暮らせど出ない第二部。なんでや。作者は活又ひろきというらしいが、新人だったようで他に情報もない。

だいたいこんな感じ

「普通って言うな」状態に陥った普通の男子高校生の主人公は、普通を脱却すべく宇宙人の実験台となりました。実験するのはいかにも宇宙人な見た目の父と、都合よくヒューマノイドな娘さんです。記事冒頭の画像のように、けっこう可愛い。

この設定の元、毎回宇宙人の実験台となって、新たな能力に目覚める主人公です。たとえば↓のように。

活又ひろき, 午後のグレイ, 第1巻
活又ひろき, 午後のグレイ, 第1巻

この能力欲しいと思ったけど次の見開きで撃沈。

活又ひろき, 午後のグレイ, 第1巻
活又ひろき, 午後のグレイ, 第1巻

悪魔の力過ぎる

こんな感じでストーリー(?)が進んでいきます。正直話として一番面白かったのはこの初っ端の性感帯の話だったけれど、それ以外も地味ながら全編的にセンスがよくて、正直なんて早々に打ち切られたのかと思う。

ところで当ブログ的にはラブい要素はないんかいなというのが気にかかるところなのだが、それは正直ない。というより、そこまでいかなかったように思える。なんとなくセンサーに引っかかるところがあるので、続いていれば宇宙人の女の子とのロマンスもありえたと思うというか、こんな美味しいネタを使わないネタはないのでそうなったと思うのだが、なんと一巻のみ、たった6話、しかも単発ギャグ中心とあっては、何も進みやしない。

普通にギャグ漫画としても面白いし、女の子も可愛かったのに、とても残念だ。

総評

今からでも2巻出していいんよ?

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です