2017年読んで幸せになれたラブコメ漫画その2

2017年読んで幸せになれたラブコメ漫画その1

前回の記事からの続き。

ダラダラと書いていたらえらい長くなってしまったので、記事を分割。あんまり漫画読んでないと思っていたけれど、振り返ってみたら色々あるものだなぁ……。

スポンサーリンク

2017年その2

続きいってみる。

峰浪りょう / 初恋ゾンビ -9巻

Amazon

作・峰浪りょう。

これもう9巻まで出ていて、来月には10巻出るんだけれど、全然追いついていない……。最初の展開が衝撃的だっただけに、ちょっとマンネリズム。より劇的な展開を望んでいるが……。

『初恋ゾンビ』6-7巻感想:ちょっとマンネリ

いみぎむる / この美術部には問題がある!

Amazon

作・いみぎむる。

晴れてアニメ化もされた、宇佐美さん可愛い漫画。そろそろ内巻くんとの仲が進展してもよい気がする。内巻が二次元に操を立てているのは、まだ恋愛に対してリアリティを感じられていないだけだと思うし。本気で二次嫁と結婚したいとか、中学生程度じゃまだまだそこまでこじらせられんて。まして内巻くん後輩にも告られるイケメンやしなぁ。

『この美術部には問題がある!』8巻感想:進展なし?それとも空気のように?

山本アリフレッド / 理系が恋に落ちたので証明してみた 2,3巻

Amazon

作・山本アリフレッド。3巻はまだ読んでいない。

心拍数やらときめいた回数やらをカウントして恋愛度数を定量化し、あまつさえ実験という名のデートを研究室の皆の前でプレゼンする羞恥プレイが最高やった。雪村と氷室だけではなく、虎輔と棘田の幼馴染組もまた味わい深くてよい。そして失恋の傷跡を人知れず抉られ続ける後輩ちゃん。

理系がみんなこんなイケメン美女揃いだったらいいのに……(ボソッ

『理系が恋に落ちたので証明してみた。』2巻感想:早く結婚しろ!デート中の感情定量化は悪くないかも絶対やりたくないけれど

衛藤ヒロユキ / 魔法陣グルグル 7,8巻

Amazon

作・衛藤ヒロユキ。なんかまたアニメ化されてるっぽいんだけど、どういうことなん……。

レイドに春がきただけでなく、ジュジュにもちょっと色っぽい展開があったのが印象的。ジュジュって、最初に登場した時はニケとちょっとフラグたってたしね。最終的にはククリの応援団長なわけだけれど。

この冒険している感はやっぱりいいなぁ。舞勇伝キタキタがアレだっただけに、この面白さは嬉しい。やっぱり、ニケがいい主人公なんだろうな。

『魔法陣グルグル2』8巻感想:久々にトマ合流、これでパーティー揃った感ある

暁なつめ, ずんだコロッケ / この素晴らしい世界に祝福を!かっぽれ!

Amazon

原作・暁なつめ。漫画・ずんだコロッケ。2017年全2巻。

このすばのコミカライズはいくつかあるが、その中でもギャグに振り切ったコミカライズ。個人的には好きだったんだが、打ち切りっぽい感じで2巻にて終了の模様。

世間的にはめぐみん人気なんだろうけれど、俺的にはやっぱりカズアクなんだわ。たとえ原作でめぐみん告っても俺の中ではカズアク最高なんだわ。熟年夫婦のような佇まい。夫婦漫才。ギャグだとカズアクの良さがより引き立つ。カズマとアクアがギャーギャーしているだけで楽しくなるんだよね……。

『この素晴らしい世界に祝福を!かっぽれ!』感想:ギャグ一辺倒故にカズアク無双。やはりカズアクは夫婦…

大原ロロン / 俺んちのメイドさん 3,4巻

Amazon

作・大原ロロン。4巻はまだ読んでない…ってか買ってない。買おう。ドラマCDも気になっているんだけれど……中古相場がもう少し落ち着いてくれたら……。いや、作者さんに還元するためにも新品を買うべきなのか……。

ああ、こういうのが読みたかったんだと思わず嘆息してしまうようなカプ量産漫画。メンズの顔の系統が同じ気がするのが玉に瑕かしら。イケメンだけどねー。でも幸せになれること確実。2018年初読み候補か……。

若林稔弥 / 徒然チルドレン 8-10巻

Amazon

作・若林稔弥。2015年1巻より2017年8巻。今回、今までで一番楽しかったかも。

晴れてアニメ化も果たし、いつのまにやら10巻までいってしまったのだが、8巻で止まってしまっている。甘々だから読むのにけっこう体力がいるのよね。アニメどうだったのかなぁ。ラブコメはアニメで人気出るの厳しい印象だけれど……。河合荘でさえ微妙だったみたいだからなぁ。

『徒然チルドレン』8巻感想:色とりどりの甘々をくらえ

八十八良 / 不死の猟犬 6巻

Amazon

作・八十八良。……6巻まだ手に入れてないのだけれどね……。

この漫画はラブコメというよりかラブロマンスなのだけれどね。期待大なのだ。もっとも恋愛系から遠いような男女の絡みがね、こう、いいんだよ。

一言で言うと、ハードボイルドなラブコメ。二律背反。ありえない融合。素敵じゃないか。

『不死の猟犬』4-5巻感想:一気読みしたい系かも

栗井茶 / +チック姉さん 10,11巻

Amazon

作・栗井茶。

豚と佐々木の話がスピンオフして、10巻以降ラブコメ度は著しく下がった……のだが、驚くべきことに、11巻になって東と姫川が急にラブコメしだした。しかもかなりストレートなラブコメ。いや、この二人だと本当にただただラブコメ。あまりにもラブコメ過ぎてびびった。

いや、いいんだけど……いいんだけれど、マジで?という感じ。果たして本当にこのままラブコメ路線を続けるのかどうか……。てっきりそういうのは別漫画のアオイココロでやるのかと思っていた。今後どうなるかなぁ。

『+チック姉さん』11巻感想:普通にラブコメしてるんだけどマジで?

コトヤマ / だがしかし 7-9巻

Amazon

作・コトヤマ。9巻はまだ。少年漫画はコミック出るの早くて困る。

サヤ師特に何もできないままほたるさん再び。やはりほたるさんが出ると違う。案外まっとうにラブコメしていて驚いたよ。ってかギャグセンス高いこの漫画。こじらせたココノツが個人的にツボ。

『だがしかし』8巻感想:おかえりほたるさん編、少し歪んだココノツもハイテンション

金田陽介 / 寄宿学校のジュリエット 4-6巻

Amazon

作・金田陽介。これもまだ6巻読んでない……ぐぬぬ……1年に3冊も出たら追いつけないでござる……。

最初の頃は、お手本みたいな野郎向けラブコメだなーくらいの感想しかなかったのだけれど、兄貴が出たあたりからええなぁと思うようになってきた。犬塚とシャルが二人共スペック高すぎるせいで、イマイチカップルとしての唯一無二感がなかったのだけれど、兄貴という強大な壁の前に共闘する感じはよかった。ただ、カプ的にはアビとソマリのほうがよかったりもする。やっぱ割れ鍋に綴じ蓋カップルは強い。

『寄宿学校のジュリエット』5巻感想:純粋にラブコメとして楽しい。サービスシーンとかもうそんないらん感じ

ウダノゾミ / 田中くんはいつもけだるげ 9巻

Amazon

作・ウダノゾミ。田中兄妹は映えるなぁ。

8巻では田中がめっちゃラブコメしていておめでとうやった。その分9巻はお休み。ついに1話まるまる田中の出番がなくなる。そして展開される妹の恋バナ。ついに進展するのか……ちょっと寂しい。

個人的には、兄妹共にちゃんと恋愛しつつ、それでいながら萌える兄妹愛的な展開をしてくれないだろうかと期待している。あと次あたりまた白石さん頑張って欲しい。あと甘断ちした太田普通に怖かったす。。。

『田中くんはいつもけだるげ』9巻感想:田中兄妹の表紙ほんと素敵やね。この兄妹には期待している

ねこ末端 / 陽下3姉妹はかまってほしい 2巻

Amazon

作・ねこ末端。

主人公の眼鏡が羨ましい純ギャルゲー的ラブコメ。ギャルゲーは俺の嫁路線なので、本サイト的価値観からいくと一見ズレがある。が、表紙でちゃんと男女を描いているあたりに、関係性を重視する姿勢が見て取れた。一人ではお姉ちゃんにも妹にもなれないものなぁ。ヒロイン自体記号的。この漫画で描かれているのはあくまでも理想的な関係性なのだと思え、好感。

……しかし……次の3巻では小学生の杏梨にスポットライトが当たるのだろーか……。

『陽下3姉妹はかまってほしい』2巻感想:躊躇わない義理の姉弟・兄妹漫画

椿いづみ / 月刊少女野崎くん 9巻

Amazon

作・椿いづみ。これもまた幸せになれるラブコメやな。

それぞれの恋模様人間模様も良いのだけれど(編集の話は割と真面目にちょっと苛つくけど…アレってやっぱり体験談なんだろうか。だとするとご愁傷様)、なんだかんだ言って佐倉と野崎の話が一番和む……。そして佐倉弟のシスコンぶりが新鮮。野郎向け漫画にはいないキャラだわ。女子向けには多いのかな。色々と勉強になる漫画。

『月刊少女野崎くん』9巻感想:なんだかんだ言って佐倉と野崎の話が好き

春野友矢 / ディーふらぐ! 12巻

Amazon

作・春野友矢。

けっこう長く続いている漫画だけれど、11-12巻はこれまででも一番ラブコメ度が高い気がする。このへんの話をアニメで見たかった……。

毎話感想書いているのと、ドラマCDやらの感想もつけているのと、最近のこのサイトの更新頻度低下が合わさって、トップページから10件ずつ表示するとどこ見てもこの漫画の感想記事がある。この漫画好きだよ。賑やかで、楽しくて。世界観が癒される。

『ディーふらぐ!』12巻感想:みんな違ってみんないいってこれやろ。本当賑やかで楽しい漫画やわ

佐倉はなつみ / エルフ姫、堕落する! 2巻

Amazon

作・佐倉はなつみ。このタイトルは適当につけたんだろうか。もう少し何かあったような気がする。

それはともかく、ヤスユキとリアの関係が親子っぽくてほっこりしつつも、やはり親子ではないのでなんだかんだラブコメ的にもおいしい。ラブコメ好きにとっては非常に楽しめる日常系かもしれない。

『エルフ姫、堕落する!』2巻感想:同年代親子っぽいラブコメ風味

此ノ木よしる / 変女 8巻

Amazon

作・此ノ木よしる。

8巻まできてようやくキス。キスなんだが、あまり盛り上がらないのは多分普段もっとすごいことをさんざっぱらしているからだろう。まぁ、それにも関わらずキス一つでドキドキしている、というのが良いのかもしれないが……。高村と千子のイチャイチャだけでなく、杉田と流河のラインもまたいい。というか、今はそっちのほうがラブコメ的には楽しいかも。高村と千子はそろそろ次のステージにいってほしいなぁ。

『変女』8巻感想:変態バカップル極まれり

赤坂アカ / かぐや様は告らせたい 5-7巻

Amazon

作・赤坂アカ。

感想記事でも書いたけどもう一度。

幸せをありがとう……。

これまで読んだラブコメ漫画の中でもトップクラスにええなぁ……。この漫画が続いてる間は死ねん。いやほんとに。

『かぐや様は告らせたい』7巻感想:続きを読むために生きようと思う程度には幸せになれるラブコメだった

けっこう読んでいたのか

こうして振り返ってみると、なんだかんだ言ってけっこう読んでいたなと思う。ただ刊行ペースの速い少年誌系にはさすがについていけてないなぁ。

もうしばらくラブコメに癒やしを求める生活は続いてしまいそうだ。来年も良いニヤニヤがありますように。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です