Amazon

作・赤坂アカ。2019年14巻。素敵物語。実写化もされるみたいでおめでとうございます。

文化祭編のクライマックス、シリアスからコメディまで、圧倒的だよこの漫画は。この巻でついに二人が……二人が……。

それにしても、かぐやの多重人格はもはや解離性障害といっても良いような域に達しているのではなかろうか。この物悲しさを、あくまでコメディカルに、しかし時にはシリアスに、様々な温度感で描かれるところにこの漫画の凄みがあるよなぁと思う。以下14巻感想。

... "『かぐや様は告らせたい』14巻感想:彼の”願い”は彼女の闇を照らす" を続けて読む

Amazon

作・あどべんちゃら。2017年全5巻。

やっちまったな!ギャグ、コメディからのシリアス展開。しかもこの世界観でシリアスはなかなか茨の道である。

やっぱねー、シリアスに描かれると、シリアスに気になっちゃうんだよなー。しかもテーマが倫理的に重い。コメディならともかく、シリアスで生半可に触れると火傷しかしないヤツ。

ハーレムラブコメするのに都合の良い世界観を用意したのに、それを反故にしようとしたものだから、しっぺ返しをくらった感じ。結果、多分誰も望んでいなかったエンド。以下、全5巻感想。

... "『鬼が出るか蛇が出るか』3-5巻(最終巻)感想:まさかのシリアス展開はハーレムラブコメのコンセプト否定でさてどうなる" を続けて読む

俺はタブレット大好きなんだが、なんでかなかなか広まらないね。このサイトの閲覧も、7割がスマホで2割がPC、1割未満がタブレットって感じ。別のサイトだとPCが多かったりするんだけど、タブレット1割未満ってのは変わらない。

このサイトとか、たいていのサイトは、タブレットが一番見やすいってこと多いんだけどなぁ。スマホで暇つぶしに見ている人が多いとは思うんだけれど。

タブレットはいいもんだよ。特に漫画読むなら最高だよ。

... "漫画を読むならタブレットが最高なんだけど、iPad Proはさすがに勇気がいる" を続けて読む

Amazon

作・春場ねぎ。2019年8巻。

8巻表紙は二乃。割とノーマークだったんだけれど、これは完全にやられましたわ。ラブコメ読み慣れている人ほど、クルものがあったんではなかろうか。

なんかもう風太郎分裂したらいいのにと思ってしまう程度にはみんな可愛いしそれぞれ結ばれてほしい感がある。結論は出ているんだろうか……。

もう風太郎を五等分するしかない。以下7,8巻感想。

... "『五等分の花嫁』7-8巻感想:すべてのラブコメ主人公に対する必殺奥義、難聴殺し" を続けて読む

Amazon

作・あどべんちゃら。2015年1-2巻。2017年全5巻完結済み。

ジャンルとしては妖怪ハーレムもの。うーん、妖怪というよりは物の怪かな。いずれにせよ人外ハーレム。…といっても、基本は人間の姿だから人外フェチな方からはコレジャナイかもだけど。

前作据次タカシの憂鬱に引き続きハーレムなのだが、こちらは妖怪ということであまり人の世の法律には頓着なさそう。一応人間として暮らしているようなので、制度としては一夫一妻なのかもしれないが、日本国憲法よりも村の掟のほうが優先されそうな感じ。

この手の話としては父親が出張るのが珍しい。前作でもそうだったけれど、親子間の関係が面白いと思う。以下1-2巻感想。

... "『鬼が出るか蛇が出るか』1-2巻感想:安心の人外ハーレム" を続けて読む

なんか適当に検索して引っかかった記事みたら、やたらうちのサイトの記事の言い回しと酷似している、いや酷似っていうかまんまやん、ってのがあって悲しくなった。読書感想文を強制された小学生じゃあるまいし、感想くらい自分の言葉で書きましょうや。

... "感想くらい自分の言葉で書きましょうや" を続けて読む

ディーふらぐ! 無料漫画詳細 - 無料コミック ComicWalker

111話きていた。果たして芦花と高尾は親父を説得できるのか。芦花はともかく高尾は完全に色恋だからまったく正当性ないぞどーする。もう当初の目的忘れてそうだけど。そして始まる親父を交えた恋バナみたいなもの。いや恋バナと言っていいかはアレだが。ああ芦花の立ち位置よ。ってか親父さんキャラ濃いな。

それにしても船堀可愛い。以下111話感想。

... "『ディーふらぐ!』111話感想:高校生男子にとって親父を交えた恋バナほどの拷問もあるまい" を続けて読む

Amazon

作・田口ホシノ。2019年3巻。

エロスでございます。この漫画はエロスでございます。なんかもうずっと着替えとお風呂。風呂入って着替えてたら3巻。どういうことなん。着替えのバリエーションばかり増えてるぞ。

しかも好意を表明したうら若き男女ということもあって、うぶうぶながらエロス。若い。若いっていいね。

以下3巻感想。

... "『お嬢様の僕』3巻感想:メイドと一緒にお風呂とかいう世界一幸福なOJT" を続けて読む

Amazon

作・赤坂アカ。2019年13巻。ひとまず追いつきました。もうすぐ14巻。昔の集英社は電子書籍を一ヶ月遅らせる悪癖があったけれど、今はそんなこともないようでよかった。

表紙はツンデレ先輩。ツンデレ先輩めっちゃいい子なので誰か光を。ラブコメオーラに溢れる学園の仲この子だけお化け屋敷より光がない。

石上→つばめは思ったよりもだいぶ脈アリで驚いたけれど、やっぱり伊井野じゃないのかなぁ。

そして会長とかぐやはやはりクライマックスなのか。1年生の夏編がなかったのは残念だったが、どのタイミングでされるんだろう。以下13巻感想。

... "『かぐや様は告らせたい』13巻感想:ラブコメの光が眩い" を続けて読む

Amazon

作・ひよどり祥子。2019年全12巻完結。完結……マジか。正直この巻で終わるとは思っていなかった……。

割と超展開。まぁ作者さんらしいっちゃらしいのか。そして切ない。

そんなこと考えても仕方ないのかもしれないのだけれど、いったいこの話はなんだったんだろうか、なんて思うと、岸田くんが最後笑えるまでの話だったんじゃないか、と考えてしまう。どこまでも、岸田と早川さんの、幼馴染な恋愛譚であった。

以下最終巻たる12巻感想。

... "『死人の声をきくがよい』12巻(最終巻)感想:幼馴染なふたりのすれ違いとその結末" を続けて読む