ディーふらぐ! 無料漫画詳細 - 無料コミック ComicWalker

108話来ていた。今回の話はまぁ楽しみだったよね。前回、船堀が先輩から呼ばれて、話の流れ的に少なくとも風間家には行きそう、なんだったらそのままお泊りしそう、ってね、そりゃもうラブコメ的には大盛り上がりだよ。風間家に船堀がっていうだけでもすごいのに、風間家には今高尾もいるからなぁ。期待せざるを得ない。なにしろ風間と高尾と船堀だ。あ、芦花も。

以下108話感想。

... "『ディーふらぐ!』108話感想:風間家に高尾と船堀とか何もかもずるい。あ、あと芦花" を続けて読む

Amazon

作・赤のキノコ。2018年2巻。今回も爆発カップル。なんだかんだ肩寄せられるようになったらしい。

今回も例によってイチャイチャしているだけなんだけれど、どうしてこうも癒やされるのだろうか。文字通りおバカなバカップル。

とはいえ、今回は最初から付き合っている状態からスタートなので、なんだか強くてニューゲームのような、無双感と同時に妙な物足りなさもないではなかった。内藤がちょっと強烈過ぎるかも、と感じてしまったのも、付き合う前の伊藤の冷淡さによる距離感が、漫画的に重要だったのかもしれない。

でもそれは1巻のノリを想像していたからであって、先入観なく改めて読むと、やっぱり幸せハッピーな良いラブコメだと思った。以下2ndこと2巻感想。3rdも出てほしい。

... "『なぜだ内藤』2巻感想:見ていて幸せになれるバカップル" を続けて読む

Amazon

作・みどりわたる。2018年全3巻完結。

最終巻。日常系なので、続けようと思えばもっと続けられたろうし、作者さん的にももう少し描きたかったようなので、商業的な理由なのだろうか。

姉ちゃんの友達とのラブコメ、というのは面白かった。とはいえ結局ハーレムラブコメかいな、というのも、なきにしもあらずではある、、、色々手を出しすぎてしまったような。

以下最終巻こと3巻感想。

... "『うちの姉ちゃんときたら!』3巻(最終巻)感想:姉の友人ハーレム" を続けて読む

ディーふらぐ! 無料漫画詳細 - 無料コミック ComicWalkerディーふらぐ! 無料漫画詳細 - 無料コミック ComicWalker

107話きていた。同居話はまだ続くらしい。いくらラブコメ的に美味しいとはいえ、さすがにそろそろ新展開があってもよいのでは……と思っていたらついに船堀が絡んできて期待せざるを得ない。みんな彼女を待っていたはずだ。真打ち登場感がある。たとえ絶望の淵にあったとしても、とりあえず次回の話読むまでは生きなくてはなるまい。以下107話感想。

... "『ディーふらぐ!』107話感想:同居話に船堀登場で期待せざるを得ない" を続けて読む

Amazon

作・あむぱか。2017年。1巻完結と見せかけて続編がKindleのみで先月しれっと出た(これ)。同人かな。商業的には微妙だったのだろうか。。しかしカップル系いちゃラブもので俺によし。

少しフェチ入った幼馴染ラブコメ。唾液を摂取しないと死ぬという謎の彼女X的な設定……という嘘をついて毎日キスする爆発カップルが互いの気持ちを確かめ合うまでの話。幼馴染ラブ・ストーリー。いいよね。

唾液摂取ということでややフェティッシュ、というか実際ヒロインはちょっと変態入っているわけなのだが、受け入れられることでフェチ度が下がったように見えたのがちょっと面白かった。以下感想。

... "『となりのバカと続く嘘』感想:受け入れられた変態はただの変わった人になる" を続けて読む

Amazon

作・金田陽介。2018年9巻。既に10巻出ている。1週遅れ。読む方が既におっつかないのに、週間連載ってほんとすごいね。8巻だいぶ前に読んだけど感想書くの忘れちゃったよ。

そして9巻は犬塚家のお家騒動、というより兄弟喧嘩。なので出てくる面子が非常に限られているのだが、、、今までの話で一番好きだったかも。どうも俺は、この漫画で一番好きな展開は犬塚兄弟のやりとりらしい?ってかほんと家族もの弱いな俺。

そして表紙の子はまた犬塚側のヒロイン。犬塚はペルシアと固定カップリングなのに、ヒロイン増えるなー。以下ほとんど9巻感想。

... "『寄宿学校のジュリエット』8-9巻感想:まさかのファミリー劇場は一番の盛り上がり" を続けて読む

Amazon

作・山本アリフレッド。2018年4巻。

相変わらずイチャイチャしている。表紙は虎輔と棘田でやってほしかった。カップルものはちゃんとカップルを表紙にしてほしい。まぁそれだと後輩ちゃんは表紙になれないのも確かではあるが。

雪村と氷室についてはもう散々やってしまっているからか、虎輔と棘田のエピソード増えている。ってかこの二人は割と直球なエピソード出してくるよねなにげに。

そして余る後輩ちゃん。まぁ確かに表紙くらい目立っていいのかもしれない。作中でもそこそこ目立っているが。以下4巻感想。

... "『理系が恋に落ちたので証明してみた。』4巻感想:どう見ても証明終了です" を続けて読む

Amazon

作・イチヒ。2018年4巻にて完結。完結……。

なんでやねん……。この作者さん毎回いいラブコメ描いてくれるのに、すぐ終わってしまうのはなんでなん……。売れてへんの?めっちゃいいのに……。絵柄もポップやし癖もないと思うんやけど…。それでも今回は4巻までいっただけよかったと思うべきなんかなー……着実に巻数伸びてはいるよなー……。あー……。

ラブコメ好きなら絶対楽しめるのになー…これで終わりは悲しい。皆買っておくれよ。本作に限らず、このお人は作者買いで全部買って間違いないからさー。。。

以下4巻こと最終巻感想。彼ら彼女らについて徒然と語る。

... "『おとなのほうかご』4巻(最終巻)感想:まだまだ続いてほしかった…" を続けて読む

Amazon

作・ウダノゾミ。2018年11巻。表紙は珍しい組み合わせ。莉乃の周りの人たちという感じか。

今回目立つのは太田、加藤、ワックのおねーさん、みゃーの姉弟、太田妹、白石さんに莉乃、えっちゃん、キャラが多いにもかかわらずけっこう皆顔を出していた。白石さんと莉乃が顔合わせたのがラブコメ的には大きい。

それにしてもこの漫画はやはり癒やし。田中と太田の話とか野郎しか出てこないのにすんごい癒やされるのは、なんなんやろなぁ。以下11巻感想。

... "『田中くんはいつもけだるげ』11巻感想:野郎の会話に癒やされる" を続けて読む

Amazon

作・鳴見なる。2018年6巻。

この漫画は常に不穏な空気が漂っているのだが、振り返ってみると多少問題はあれど、渡と石原はなんだかんだしっかりと青春的な恋愛をしているように見える。案外健全な恋愛漫画なんじゃないのかという気がしてきた。

まぁ紗月も石原も徳井も叔母も妹の鈴でさえも、主要な登場人物が全員何かを隠しているのは確からしいので、そこが繋がってどうなるかというところなのかもしれないが…。

それにしても石原さんは家自体が面倒くさいのね。優良物件に見せかけた地雷なんだろうか。可愛いけどねぇ。以下6巻感想。

... "『渡くんのxxが崩壊寸前』6巻感想:なんか意外と健全に恋愛してるんじゃなかろうか" を続けて読む